フォト
無料ブログはココログ

阿佐ヶ谷 つちや

阿佐ヶ谷 つちや呉服

きもの

  • きもの

トンボの柄

2014年5月 6日 (火)

爽やかに白地のゆかた

にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ
にほんブログ村

寒い!

漸く冬物をかたずけ、さぁー夏だ!と思っていたのに・・・

何を着て良いのやら、合い物を重ね着するしかないですね

その上もう少し晴れると思ったけど、曇っているので余計寒い感じです

早いもので、ゴールデンウイークも最終日

当店は関係なく営業していましたが、連休明けからは本格的に夏物の仕入れの時期にはいりました

明日の午前中は仕入れに行き午後からの営業です

<爽やかに白地のゆかた>

トンボに風鈴

白地と言っても少々生成り(きなり)です

夏の風情ある、トンボに風鈴

 ¥18,800(本体価格)

Img_43731

◆注染本染め

日本独自の染色

型彫りから染めまでが、すべて手作業で熟練した経験と技術を要する伝統的な染め方です

手染めのため、多少の色ぶれ、にじみ、型紙の継ぎ目の部分のはみ出しなどがある場合がありますが、味わいのある伝統技法の特徴です

Img_4374

白地で透け感もある生地ですので、やはりゆかたの下にはゆかたしたなどの下着をお召しになる方が良いでしょう

着物の下着でもよろしいのですが、暑い夏にはさらっとしたゆかた専用の下着があります

Img_4375

◆品質 綿 80%  麻 20%

巾  約38cm   長さ  約12.3m

日本製    

綿麻のさらっとした感触は、ムシムシと暑い夏に最適な素材です


◆トンボと風鈴について

<トンボ柄>

個人的にあのスマートな風情があこがれ(?)で大好きな柄です

『勝ち虫』と呼ばれ決して下がらず、まっすぐに飛ぶ様から、『不転退(退く二転せず、決して退却しない)』精神を表し、縁起の良い模様とされています

目標を持って前に進めるよう願を込められた柄なんですね

<風鈴>

夏の風物詩

冷房のなかった時代に、日本あのムシムシとした湿気の多い夏をやり過ごすため風鈴の音を聞き風を感じることにより、涼しさを感じとっていたんですね

<つちや>


住所;東京都杉並区阿佐谷北3-5-2

電話;03-3336-3909

駐車場有 自宅にて営業中

定休日 木曜日

URL;www.tutiyagohuku.com/

ネットショップ;suginami.ocnk.net/ (杉並ネットショップに参加しています)

着付け承ります (要予約)

ブログランキングに参加しています

下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

うさぎの柄 お召 お土産 お子様用 お年賀 お手入れ お正月 お祭り お祭り用品 お茶席 かんざし きもの ひな祭り ゆかた ゆかた帯 インテリア ウインドの中 クリスマス サマーウール トンボの柄 ハンドメイド バック・手提げ パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ ブックカバー プレゼント ベスト ペット ホームウエアー レディースコート レディースジャケット レディースファッション レディースブラウス レースコート ワンピース 七五三 七五三用品 久留米絣 九寸名古屋帯 京の染め 京友禅 京友禅染め 京袋帯 付下げ 伝統工芸品 住まい・インテリア 信玄袋 全通柄 八寸かがり帯 八寸織名古屋帯 加賀友禅 動物 十二支 半衿 単衣のきもの 博多織り帯 印傳 古布 合財袋 呉服 和小物 和布を遊ぶ 和服リメイク品 和柄の小物 和裁用品 和装品 和装小物 和雑貨 唐草文 塩沢紬 塩瀬の帯 外反母趾 大島紬 子供用草履 季節の柄 季節の花 小紋 小袋帯 巾着 帯〆 帯揚げ 帯留め 干支 心と体 手挿友禅 携帯・デジカメ 文化・芸術 新店舗 旅行・地域 日本手拭 日記・コラム・つぶやき 有松しぼり 本染めゆかた地 東京染め小紋(江戸小紋) 松岡姫 松竹梅のおめでたい柄 染め名古屋帯 母の日 洒落袋帯 流水・波紋柄 甚平 男性用巾着 盛夏の装い 着付け 着付け教室 着物と帯 着物のお仕立て直し 着物のお手入れ 礼装用 籠バック 紗織り 細帯 細帯、半巾帯 紳士用 紳士用着尺 紺地のゆかた 経済・政治・国際 結城上布 結城紬 絞り 絽の名古屋帯 絽の帯 絽付け下げ 絽小紋 綴れの帯 綿入れ半天 縮緬 織名古屋帯 羽織り 羽織・コート・作務衣 羽織紐 羽裏・コート裏 育児 色無地 色無地のきもの 草履 草履と下駄 草履サンダル 草履バックセット 衣替え 袋帯 西陣織 西陣袋帯 角帯 訪問着 赤城紬 足袋 道中着 長じゅばん 長羽織・道行コート・道中着 長襦袢 雨コート 雪駄 風呂敷 風鈴 駒結城紬 鬼しぼちりめん(古代ちりめん) 麻の帯 龍村の帯

カテゴリー

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30