フォト

HP;http://tutiyagohuku.com/

無料ブログはココログ

阿佐ヶ谷 つちや

阿佐ヶ谷 つちや呉服

きもの

  • きもの

唐草文

2018年4月 5日 (木)

生紬、単衣にもお薦め!

久しぶりにひんやりした一日

でももう冬の寒さではないですね


我が家では待ちに待った椿がようやく咲きました
Img_2943

昨年引っ越しの折に実家から持ってきたもので、なかなか花が咲かないので心配していたんです
<生紬>


しょうざんの生紬


Img_2965
淡いグレーのぼかしが市松になっている紬地に藍で爽やかに唐草が舞うように染められた生紬の着尺
単衣にしたらいいなーと
Img_2966


軽くて、とても着やすいのでお薦めです


Img_2967


<生紬>
上州・赤城山麓の民家で継がれている座繰りで手引きした玉糸を使用し織り上げた。
太細の節が独特の風合いと素朴な魅力を作りだす素材です


着付け易く、優しい肌さわりで着心地が良いんです


<つちや>


住所;東京都杉並区阿佐谷北3-5-2

電話;03-3336-3909

駐車場有 自宅にて営業中

定休日 木曜日

URL;www.tutiyagohuku.com/

ネットショップ;suginami.ocnk.net/ (杉並ネットショップに参加しています)

着付け承ります (要予約)

ブログランキングに参加しています

下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年1月20日 (土)

春色の美しい付け下げ

今日は大寒、一年で一番寒い?

いやいやまだ寒くなるでしょうね

あともう少し、春はそこまで来ているのかしら

実家の庭の紅梅はもう満開です


花が咲きだすのが楽しみです


春らしい綺麗なクリーム地の付け下げ


Img_27571


春らしい優しい色の付け下げです


Img_2760


椿の花と葉でも幹は唐草のようです


花弁が椿ですが全体には抽象的な柄です


Img_2759

前身ごろに一つだけ金糸が花のふちに配されています
Img_2758

その他の花は、金で縁取られてどの花も可憐です


椿は『茶花の女王』の異名を持ち茶花として好まれています


しかし、花は個々に花弁が散るのではなく丸ごと花が落ちることから、首が落ちる様子を連想させるために、お見舞いなどに持っていくことはタブーとされています
その様は古来より落椿とも表現され俳句においては春の季語です


<つちや>
住所;東京都杉並区阿佐谷北3-5-2

電話;03-3336-3909

携帯;090-9686-2542

URL;www.tutiyagohuku.com/

ネットショップ;suginami.ocnk.net/ (杉並ネットショップに参加しています)

着付け承ります (要予約)

ブログランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

うさぎの柄 | お召 | お囃子 | お土産 | お子様用 | お年賀 | お手入れ | お正月 | お祭り | お祭り用品 | お茶席 | きもの | ぜんまい紬 | ひな祭り | ゆかた | ゆかた帯 | インテリア | ウインドの中 | クリスマス | サマーウール | トンボの柄 | ニュース | ハンドメイド | バック・手提げ | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ブックカバー | プレゼント | ベスト | ペット | ホームウエアー | レディースコート | レディースジャケット | レディースファッション | レディースブラウス | レースコート | ワンピース | 七五三 | 七五三用品 | 丹後ちりめん | 久留米絣 | 九寸名古屋帯 | 京の染め | 京友禅 | 京友禅染め | 付下げ | 伝統工芸品 | 住まい・インテリア | 信玄袋 | 全通柄 | 八寸かがり帯 | 八寸織名古屋帯 | 利休バック | 加賀友禅 | 動物 | 半衿 | 単衣のきもの | 博多織り帯 | 印傳 | 古布 | 右近下駄 | 合財袋 | 呉服 | 和小物 | 和布を遊ぶ | 和服リメイク品 | 和柄の小物 | 和裁用品 | 和装品 | 和装小物 | 和雑貨 | 唐草文 | 四季の花柄 | 塩沢紬 | 塩瀬の帯 | 売り出し | 外反母趾 | 大島紬 | 子供用草履 | 季節の柄 | 季節の花 | 小紋 | 小袋帯 | 小風呂敷 | 巾着 | 帯〆 | 帯揚げ | 帯留め | 干支 | 心と体 | 扇子 | 手拭 | 手挿友禅 | 招き猫 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 新店舗 | 旅行・地域 | 日本手拭 | 日田下駄 | 日記・コラム・つぶやき | 更紗柄 | 有松しぼり | 本染めゆかた地 | 東京染め小紋(江戸小紋) | 松岡姫 | 松竹梅のおめでたい柄 | 染め名古屋帯 | 柿渋染 | | 母の日 | 洒落袋帯 | 流水・波紋柄 | 浜ちりめん | 牡丹 | | | 琉球紅型 | 甚平 | 男性用巾着 | 留袖 | 盛夏の装い | 着付け | 着付け教室 | 着物と帯 | 着物のお仕立て直し | 礼装用 | 籠バック | 紅型 | 紅花紬 | | 細帯 | 細帯、半巾帯 | 紳士用 | 紳士用着尺 | 紺地のゆかた | 経済・政治・国際 | 結城上布 | 結城紬 | 絞り | | 絽の名古屋帯 | 絽の帯 | 絽付け下げ | 絽小紋 | 綴れの帯 | 綿入れ半天 | 織名古屋帯 | 羽織り | 羽織・コート・作務衣 | 羽織紐 | 育児 | 色無地 | 色無地のきもの | | 草履 | 草履と下駄 | 菊寿紬 | 袋帯 | 西陣織 | 西陣袋帯 | 角帯 | 訪問着 | 赤城紬 | 足袋 | 足袋ソックス | 道中着 | 野蚕 | 金泥 | 長じゅばん | 長羽織・道行コート・道中着 | 長襦袢 | 雨コート | 雪駄 | 青竹色 | 風呂敷 | 風鈴 | 駒結城紬 | 鬼しぼちりめん(古代ちりめん) | 鳥獣戯画 | 麻の暖簾 | 龍村の帯

カテゴリー

最近のコメント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31